What's New

しばらくの間、外部からの不正アクセスにより改ざんの被害ををうけ
当ホームページが見れないトラブルが発生いたしましたが、4月27日復旧いたしまいした。多くの皆様にご迷惑とご心配をおかけし、誠に申し訳ございません。

About us

僕らは負けない だって日本が好きだから 

 

  私たちは、こどもからこどもへ

こどもが主体となり次世代の育成のために取り組む国際ボランティアグループです。

 子どもから大人、障がいのある方、みなが一緒になって活動。

「壁を乗り越え 子どもを笑顔に 国を笑顔に 地球の笑顔をつくる」を合言葉に
青少年の健全育成を軸に、

環境保護・貧困発展途上国支援・地域安全活動・地域復興交流に力を入れて活動しています。

 

ロゴには、ずっと変わらない「平和への思い」をカニがピースしているところに込め!

「あたたかく、こどもを育てていく、守っていく」という意味と「地球を守っていくんだ!!」という思いを円と男の子に込めてます。

 あたたかさを、手書きという一番思いが伝わる方法で描いていただいています。 

 

中学生が立ち上げた団体ですが、たくさんの方のサポートを受け

日本全国で、300人を超えるメンバーで「こどもから大人が一緒になって」活動中

 

軸となるプロジェクトは、海とふれあいプロジェクト。

人間活動により破壊された環境、若い世代に薄れていく海への関心を取り戻すため始ったこのプロジェクトは、

 2010年4月に開始され、最初は数人での開催であった活動も今では最高で80人を超すほどまでに!!

                             

 

■東日本大震災

 

3月11日に突然やってきた巨大地震では、津波や福島第一原発の事故など大きな被害を受けました。

当団体では、3月から実施予定だった新しい海のプロジェクト、タイラビーチプロジェクトの拠点が被害をうけた他

海への危険意識が高まったり、放射能の風評被害から中止にせざるをえなかったり、

千葉支部が被災するなど活動を縮小しなければなりませんでした。

 

しかし、当団体では3月11日に復興活動を実施することを決め

被災した千葉支部長が中心となって行った3月14日からのどろかきボランティア活動他、

8月現在で300人以上のボランティアと震災復興活動にあたりました。

こどもからの目線でのユニークな発想を考え、これからも継続的に震災の復興活動を行っていきます。

■Club World Peace Japan結成のいきさつ 

 

平成19年より地元住民がボランティアの「防犯団体」として

 

 現在も代表である、富樫泰良(当時12歳)が立ち上げ

 

初めは、国際的な支援活動を行おうと考えましたが資金という壁から、いまできることから始めようと

地域安全活動に取り組んできました。

 

 その後、地元のイベントへの参加や地域交流会の実施など地域復興活動を始めたことから、

 高輪地区の名前を入れた「takanawaヘルファイター」となりました。

 

 「地域」への関心が「環境」へ、

「海外支援」へと、私どもの活動の場が広がる中で                             

名称を平成22年4月にClub World Peace Japanと改めました。

 

尚、地域安全活動は地域安全支援センターとして 、現在も活動をしています。

 

 

目的

 地球と人にとって最適な環境を作り 残すこと

 

 子どもを笑顔にして 国を笑顔にして 世界の国々を元気にすること

 

The smile  from the sea

Club World Peace Japanは、主に海を通じた活動により 笑顔を作ります

 

海は、最高の場所だと思っているからです。

大いなる自然により 自然と生まれてくる笑顔

自然と遊び、自然にふれあい 笑顔を作ります。